2018.04.27更新

インプラント治療に危険性はないの?安全?

天然歯のような自然な見た目と機能面を兼ね備え、失ってしまった歯を取戻すことができるとして、昨今、注目をされているがインプラント治療です。
実際に治療を受けようと考えた時に心配になるのが危険性はないのかということでしょう。
近年、治療を行う歯科医院が増加しており、それに伴って失敗やトラブルの情報も増えており、最悪の例では死亡事故もあるため、こうしたリスクを考えると治療を受けるのを躊躇ってしまう方もいるはずです。

しかし、実際のところは、そこまで大きなリスクのある治療ではなく、危険性も低いといえます。
そもそも失敗例が多いような危険性の高い治療では、今ほどインプラントが広まることはないと考えられます。
ただし、インプラントを埋め込む際には外科的な手術が行われますので、まったくリスクがない安全な治療というわけではないことを知っておかなければいけません。

例えば、どのような失敗やトラブルのリスクがあるのかというと、考えられるのは大きな血管を切ることによる大量出血や、神経の損傷による唇の麻痺などです。
また顎の骨が薄い場合、無理にインプラントを埋め込むと定着せず、すぐに抜け落ちてしまうということも起こりえますし、術後トラブルとしては感染症のリスクも考えられます。
このようにインプラント治療には、なんらかのトラブルが起こる危険性はあるといえますが、正しい知識を持って治療を受ける歯科医院を選ぶことで、そのリスクを下げることは可能です。

まず歯科医院選びで絶対的に外せないのが精密検査の内容を確認することです。
インプラントを埋め込む手術の前には既往歴や現在の病歴の有無、アレルギーの有無、服用している薬などを問診で確認することはもちろんです。
これに加えて手術に必要な精密検査として従来のレントゲン撮影だけではなく立体的に骨や血管、神経の位置を確認できるCT撮影や患者自身が自覚してない病気の有無を確認するための血液検査などが行われます。
ですので、どのような精密検査をするのかを事前に確認することが大切です。

次に歯科医院の手術実績や医師の経歴も外せないポイントです。
インプラントはまだ歴史の浅い治療ですので、どれだけその手術を行ってきたのかは重要です。
また術後のメンテナンスなども考えると長く付き合っていくこととなりますので、安心して任せられる医師かどうかをカウンセリング時にチェックしておくとよいでしょう。

最後は院内の設備です。
細菌感染を防ぐためにも、手術室や使う器具などが清潔に保たれているのかどうかは、手術のリスクに関わってきます。
しっかりと減菌処理をしてたり、常に新品の手袋を使用しているのかなどの衛生管理は、ホームページ上に記載されていることもありますので調べてみるとよいでしょう。
またカウンセリング時にも質問しておくとより安心です。

インプラントにおける失敗やトラブルの原因は、術前の検査不足や医師の経験不足などが多くを占めていますので、このような点に気を付けて歯科医院選びを行うことで大幅にリスクを下げることができます。
また患者自身も治療の内容を把握して、気になることや疑問、不安などはしっかり主治医に伝え、歯科医師や衛生士の指示は必ず守るようにするなど心掛けることでより安全に治療を受けられるはずです。

おすすめ記事